ARES 開発コンセプト

  • HOME
  • ARES 開発コンセプト

先端サイエンスをホームケアに

エイジングケア*1に特化した”一生モノ”のスキンケアライン
「ARES ステムCシリーズ」

エイジングサインを引き起こす「肌環境」に着目。
再生医療の技術を得て辿り着いた応えは
「ヒト幹細胞培養液*2」でした。

肌環境へのアプローチで湧きあがるようなハリと弾力。
実感したい場所*3へ届く処方が導くうるおいに満ちたツヤ。
毎朝鏡を見るのが嬉しくなるほどに輝く素肌。

いつまでも美しくありたいと願うすべての人に応えたい。
それが、ARESステムCシリーズに込められた思いです。

開発ストーリー

美の現場で発見した肌効果の応用
〜ARESステムCシリーズの開発ストーリー〜

「エイジングケア*1」について20年以上も研究し続けてきた自由が丘クリニック。
再生医療の技術を応用して抽出された「ヒト幹細胞培養液」の
驚くべき肌効果をスキンケアへ応用したいという思いから
ARESステムCシリーズの開発が始まりました。

美のトレンドをつくる現場だから届けられる、
「エビデンスに根差したスキンケアを提供すること」が
我々の使命だと考えています。

ヒト幹細胞培養液

再生医療の技術から生まれたスキンケア成分

再生医療の技術から派生して生まれたスキンケア成分、それが「ヒト幹細胞培養液」です。
幹細胞が分泌する豊富なグロスファクター*4がコラーゲンの働きをサポートし、肌本来の美しさへと導きます。
これまでのスキンケアの概念とは一線を画す、ヒト由来ならではの肌効果は、先端サイエンスの賜物。
美の核心へアプローチし、まるでスイッチを入れたかのような確かな手応えを肌にもたらします。
皮膚科学を「美」に応用したこの画期的な成分は年齢肌ケア*5の救世主として注目を集めています。

Wヒアルロン酸

2種類のヒアルロン酸が肌の隅々*6までうるおいを閉じ込める

最小クラスの低分子ヒアルロン酸「HA-4」
(ウルトラナノヒアルロン酸)

通常のヒアルロン酸の約10万分の1の大きさで、体内に存在する中で最小クラスのヒアルロン酸。
低分子なため、バリアを超えて浸透*6し、肌をしっかり保湿するとともに、
高分子ヒアルロン酸の働きをサポートする成分として注目を集めています。

角質層でうるおいを閉じ込める「マイクロヒアルロン酸FCH」

角質層への高い浸透作用があり、わずか1gで6Lもの水分を抱え込むほどの保水力があります。
角質細胞ではヒアルロン酸が不足しやすいため、ヒアルロン酸の補給は欠かせません。
肌のバリア機能を担う角質層にぐんぐん浸透し、肌の水分をしっかりと閉じ込めます。

*1 年齢に応じたケア *2 ヒト幹細胞培養液(保湿剤) *3 角質層 *4 整肌成分 *5 年齢に応じたケア *6 角質層

 

ARES ラインナップ

ARES ステムC クリーム
<美容クリーム>

ARES ステムC エッセンスローション
<化粧液>